INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 医療・健康・食品 ]

京大、がん治療装置を開発−核ガンマ線画像化測定技術の実用化で会社設立

(2017/3/21 05:00)

京都大学大学院理学研究科の谷森達教授らは、核ガンマ線法画像化測定技術(ETCC技術)を活用するため、京都Space Gamma(京都市左京区)を設立した。ホウ素を用いた中性子治療(BNCT)用加速器を手がける福島SIC応用技研(福島県楢葉町)と共同で設立。両者の技術を組み合わせ、がんの診断と治療が1台でできる装置を開発し、3年後の臨床応用実現を目指す。

同装置では、がん細胞に集積するホウ素薬剤を患者に投与し、低エネルギーの中性子を照射することでがん細胞を破壊する。

薬剤内のホウ素同位体が中性子を吸収するときに発生するガンマ線を計測することで、ホウ素薬剤の体内分布を確認。中性子の照射位置や量を制御する。薬剤が集中しない正常細胞の破壊を避けられるため、安全性が高い。陽子線や重粒子線による治療では難しかった転移がん細胞も治療が可能になる見通し。

高精度の放射線可視化装置の製品化にも取り組む。例えば、放射線汚染地域の除染や原子力施設用画像モニタリングなどでの需要を見込んでいる。

(2017/3/21 05:00)

関連リンク

医療・健康・食品のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアミノ酸の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアミノ酸の本

「配管設計」実用ノート

「配管設計」実用ノート

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい高分子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい高分子の本

実際の設計選書 
続・実際の設計 [改訂新版] 機械設計に必要な知識とモデル

実際の設計選書 続・実際の設計 [改訂新版] 機械設計に必要な知識とモデル

“ケムシェルパ”を活かした 
よくわかる規制化学物質のリスク管理

“ケムシェルパ”を活かした よくわかる規制化学物質のリスク管理

おもしろサイエンス 
匠の技の科学 動作編

おもしろサイエンス 匠の技の科学 動作編

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン