INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 科学技術・大学 ]

がん組織を画面で見て除去−量研機構、PET装置と手術台を一体化

(2017/3/21 05:00)

量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所の山谷泰賀チームリーダーらは、臓器の内側深くにあるがん組織をパソコン画面で確認しながら除去するシステムを開発した。小型で円形の陽電子放射断層撮影(PET)装置と手術台が一体化したシステムを試作し、がんを移植したマウスで実験。PET画像に映るがん組織を手術で取り除くと、画像から消えることを確認した。がんの取りこぼしを減らし、再発や転移を防ぐことを目指す。

今後、ヒトへの応用を目指した装置を開発し、2020年にブタ、22年にヒトでの臨床試験を予定。また、現状は30秒ごとの画面表示だが、システムの改善などでリアルタイムでの表示を目指す。山谷チームリーダーは「現状のPET装置より安い2億円以下で23年ごろに製品化したい」としている。

試作した装置は、通常のPETに比べ約2倍高い性能の2ミリメートルの空間解像度でがん組織を確認できる。また実際の手術の際...

(残り:231文字/本文:631文字)

(2017/3/21 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

有料会員:月額4,000円+税で、電子版すべての機能 をご利用いただけます。

無料会員:有料会員限定記事を月11本まで閲覧できるなど、一部機能をご利用いただけます。

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアミノ酸の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアミノ酸の本

「配管設計」実用ノート

「配管設計」実用ノート

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい高分子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい高分子の本

実際の設計選書 
続・実際の設計 [改訂新版] 機械設計に必要な知識とモデル

実際の設計選書 続・実際の設計 [改訂新版] 機械設計に必要な知識とモデル

“ケムシェルパ”を活かした 
よくわかる規制化学物質のリスク管理

“ケムシェルパ”を活かした よくわかる規制化学物質のリスク管理

おもしろサイエンス 
匠の技の科学 動作編

おもしろサイエンス 匠の技の科学 動作編

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン