INDUSTRIAL TRENDS AD

[ ICT ]

三技協、大容量8Kデータの高速送受信にめど-LED光の無線伝送で

(2017/5/19 05:00)

  • 大容量データを高速で送受信できるLEDバックホール

【横浜】三技協(横浜市都筑区、仙石泰一社長、045・931・1111)は、高解像度の「4K/8K」映像データなど大容量データを高速で送受信できる無線システムの実用化にめどを付けた。発光ダイオード(LED)光を活用した伝送技術を採用しており、電波干渉の影響を受けずに安定して通信できるのが特徴だ。また持ち運びでき、簡単に設置できる。2017年秋に市場に投入する。

製品名は「LEDバックホール」。大容量の高解像度映像を扱うテレビ局のほか、建設業や港湾業、鉄道会社、商社などに向けて訴求する。2台1セットで提供し、消費税抜きの価格は100万円以下を想定している。まず20―30社の導入を目指す。

三技協は16年4月にドイツの研究機関「フラウンホーファー」と業務提携を締結。LED光で伝送するフラウンホーファーの技術を活用することで今回の開発に至った。

システムは2台を対面させて使い、双方向で送受信する。通信速度は2台の距離が50メートルで毎秒600メガビット(メガは100万)、100メートルで同500メガビット、200メートルで同250メガビット。

LEDバックホールにセキュリティーカメラやデジタルサイネージ(電子看板)などの機器、サーバーなどをつなげて使用する。

LEDバックホールの筐(きょう)体サイズは幅282ミリ×奥行き156ミリ×高さ150ミリメートルで、重さは約3・5キログラム。電波が交錯する都会のビル群や、電波干渉を嫌う倉庫、イベント会場でも大容量データを高速に送受信できる。工事現場にカメラを設置して現場の様子をリアルタイムで確認することも可能。

(2017/5/19 05:00)

関連リンク

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる デライト設計入門 
ワクワクするような製品は天才がいなくとも作れる

よくわかる デライト設計入門  ワクワクするような製品は天才がいなくとも作れる

知って納得!植物栽培のふしぎ
なぜ、そうなるの?そうするの?

知って納得!植物栽培のふしぎ なぜ、そうなるの?そうするの?

臨界ノズル
測定原理から新しい問題まで

臨界ノズル 測定原理から新しい問題まで

図解 機械設計手ほどき帖

図解 機械設計手ほどき帖

技術士第一次試験「情報工学部門」専門科目 問題と対策

技術士第一次試験「情報工学部門」専門科目 問題と対策

技術士第一次試験「基礎・適性」科目キーワード700 第5版

技術士第一次試験「基礎・適性」科目キーワード700 第5版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン