63件中、2ページ目 21〜40件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

小売り店自動発注ソフト、生鮮品の需要予測追加 リンク (2017/12/26 電機・電子部品・情報・通信)

既存のシノプスは飲料や乳製品など日配品の自動発注に対応する。... 発注作業の自動化で人件費削減も見込める。... リンクは小売り・物流・製造業向けに自動発注ソフトを開発・販売しており、同ソフトのシェ...

東芝テック、店舗業務支援アプリ (2017/7/28 電機・電子部品・情報・通信2)

東芝テックは、ファッションなどの専門店の販売や仕入れ、在庫管理、発注などの業務を総合的に支援するアプリケーション(応用ソフト)「ショップクラフト」を発売した。... 具体的には、伝票入力など登録業務の...

将来はメイティに人を避けるレーザーセンサーを搭載して日中も店舗を巡回したり、商品にRFIDを付けて欠品や販売を管理したりし、自動発注などもできるようにしていく考え。

深刻な人手不足で自動化が進む物流分野向けに、荷下ろしを自動化するロボットを開発した。... 人手と同じ処理能力を持ち、仕分け前作業を自動化できる。 ... 受発注システムとの連携によ...

東芝テック、棚卸し自動化システムを開発−ロボ・RFID活用型 (2016/10/19 電機・電子部品・情報・通信1)

東芝テックは自動走行するロボットとRFID(無線識別)タグを組み合わせて棚卸し作業を自動化するシステムを開発した(写真)。店舗や倉庫内を自動で動き回るロボットが、商品や在庫に付いたタグを読み取る。.....

自社の製造力強化、一部システムの外販、人とロボットの協働をはじめとした工場自動化(FA)技術の発信などが目的。... IoTや人工知能(AI)といった情報系の技術を活用し、調達部品の自動発注、障害時の...

ローコストオペレーションのために自動発注を導入するなど運営の改革も進めている。

RDCを整備したことで、広大な北海道でも発注の翌日に商品が届く体制を整えた。... 全店への導入を終えたPOSシステムとも併せ欠品を自動発注する仕組みができたという。... パレット7600枚を収容可...

シジシーによると人手不足対策として、加工センターの活用や商品の自動発注についての相談が増えているという。

卸は小売業の自動発注化に伴い、売れた分だけ翌日に発注する体制が一般的だ。しかし「見える化」サービスによって取り出したデータによる発注と納品量の関係から、これくらいの在庫があれば間に合うという科学的な検...

同社がもつ医薬品流通のビッグデータ(大量データ)を基に需要を予測し、自動発注して店頭在庫を効率化する。... 自動発注のため、薬剤師の発注作業時間を32分から7分に減らせる。

このほかテキスト分析技術を生かした「情報ガバナンス強化」、混在する情報に規則性を見いだして分析する「需要予測型自動発注」、非構造化データを含めた膨大な情報を活用する「人材マッチング」を提供する。...

自動発注や加工センターの活用によるローコスト化の推進などでオペレーションコストを従来比で2割程度は下げたい」 ―ローコスト化で競争力を持ち、コンビニに対抗する訳ですね。

全商品を4段階にランク付けして、倉庫の在庫が一定数量以下になると自動発注する仕組みを導入している。

商品の自動発注システムなどと連携させれば、高効率な在庫管理が可能になる。

その柱となるのが、自動納品システムの導入。... エコシマの中核となるのは、棚の設置による在庫管理と自動発注。... 自動発注では、各店舗の在庫状況のデータを本社のシステムに吸い上げて、必要な食材や資...

同社の生産管理システムは、プリント基板などの生産数を入力すると、調達先に部品を自動発注する。

マネックスではこのほか、信用取引自動決済発注サービス「みまもるくん」の提供を11年11月からスタート。2―20%の範囲内で損失額を確定する水準を決め、これに達すると決済注文を自動発注する。

マルエツは一部小型店に自動発注システムを導入し実験を始めた。... 自動発注システムは「プチ」業態の2店で開始、当面130―165平方メートルクラスのコンビニと同等規模の店舗12、13店に導入を拡大す...

自動発注システムで一定量以下になると発注するようにしたり、従業員がレジや品だしなどの複数の作業をこなせるように訓練したりして運営コストを抑える。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる