電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

138件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

第10回の今回は参加者の「ベジタリアンについても知りたい」との要望に応え、ハラールとベジタリアン、ビーガンについての基礎知識と日本の現状、食の禁忌に配慮したおもてなし法を学ぶ。... ハラール・ベジタ...

同除菌剤でイスラム教の戒律に沿うハラール認証をこのほど取得。... 除菌剤のハラール認証は、マレーシア政府のハラール認証機関「イスラム開発局(JAKIM)」から取得した。 &#...

今回のテーマは「JAMECA-MAJECA~40周年を越え、次の10年へ」で、3回にわたった全体会議では、(1)日本とマレーシアの経済交流の将来、(2)...

現地生産も視野に15年にはイスラム市場に対応してハラール認証を取得した。

ハラールという言葉が日本でも広まってきた。... そのほか、食材の配送に関してもハラール対応の食材と、そうでない食材が混ざらないよう完全に分けるなどし、CoCo壱番屋として初のハラール認証を日本アジア...

郵船ロジスティクス、インドネシアの物流でハラール認証 (2017/10/17 建設・エネルギー・生活1)

郵船ロジスティクスは16日、インドネシアで展開する物流サービスがハラール認証を取得したと発表した。同国における日系物流企業のハラール認証取得は初という。 ... インドネシアでは20...

訪日外国人が増える中で国内でのハラール対応の関心が高まっている。... 訪日イスラム教徒の増加に伴ってハラール市場の拡大が見込まれるという。... ハラールとは合法的なものや許されたものを意味するアラ...

ニュートリー、生産自動化推進 嚥下補助食品を増強 (2017/9/27 建設・エネルギー・生活1)

また、国内での競争が激化する中、ソフティアシリーズについてはハラール認証やコーシャ認証を取得し、海外市場への供給も目指す。 ...

ADEKA、コーシャ認証取得 (2017/9/19 素材・ヘルスケア・環境)

14年にイスラム教の戒律に沿った「ハラール認証」、15年には国際的な食品衛生管理基準「HACCP」も取得している。

ハラール対応、認証は不要? 食材の情報開示が重要に (2017/9/14 建設・エネルギー・生活2)

今やハラールの認証機関は日本に100団体以上はあるとの見方がある。... 「ハラール認証について、日本では法的拘束力はありません」。... HMJがインターネットで日本におけるハラール対応レストランの...

インバウンドや東京五輪・パラリンピックの対応準備などで、ハラール認証取得が話題になっているが「豆乳業界としても、認証準備を進めることが必要だろう」と話すのは日本豆乳協会会長の重山俊彦さん。 &...

豚を使わない鶏をベースにしたラーメンブランド「黒帯」を立ち上げており、マレーシアやインドネシアなど向けにハラール(イスラム法上で食べることが許されている食材や料理)市場も取り込む。

キッコーマン食品、業務用ハラールしょうゆ投入 (2017/8/3 建設・エネルギー・生活1)

キッコーマン食品(東京都港区、堀切功章社長、03・5521・5122)は2日、ハラール認証を受けたしょうゆ「キッコーマン ハラールしょうゆ」を業務向けに21日から発売すると発表...

経営革新計画承認/大阪府・24件 (2017/8/2 中小企業・地域経済2)

▽マロンスタイル(大阪市北区)=介護職に特化した「デザイン性・機能性ユニホーム」の開発・販売▽ステーションカンパニー(同)=地元特産品を生かしたエステ用...

ハラール食品のリコール保険は日本では初という。 ハラール食品については日本国内に多数の認証機関が存在する。... 企業のハラール食品リスクを補償する同保険は一定の...

経営革新計画承認/宮崎県・3件 (2017/7/3 中小企業・地域経済)

▽中村商店(新富町)=うな重やうな丼などのうなぎ加工品のネット販売事業▽冷化工業(宮崎市)=特殊混合機能を用いた大型混合実証試験設備の導入による販路拡大...

イスラム教徒が多いマレーシアでは食品のハラール認証が厳しい一方、「きっちり認証がとれれば、アジア展開しやすい」(三田村執行役員)という利点がある。

【ハラール・食品安全 政府、国外展開後押し】 タイ政府は世界の食品産業が集まる国として、アピールに力を注いでいる。... (2回掲載) 多く...

日本公庫福岡支店、日本ハラールスタンダードに3000万円融資 (2017/6/13 モノづくり基盤・成長企業)

同社は国内食品メーカー向けに、ハラール認証に関するコンサルティングや輸出業務、現地販売のサポートを行っている。

インドフード・スクセス・マクムール社の即席麺「インドミー」は、インドネシア国内でトップシェアを誇るだけでなく、ハラール認証を取得しているため、マレーシアや中東、アフリカなどでも普及している。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン