125件中、4ページ目 61〜80件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

海洋研究開発機構と鉄道総合技術研究所は3日、同機構の「地震・津波観測監視システム(DONET)」で得られた観測データを、鉄道総研の鉄道用早期地震警報システムに利活用することを目的とした共同研究契約を結...

18日の立川のケーブル火災については、鉄道総合技術研究所に原因の究明を依頼し、10月末に調査結果が出る見通し。

鉄道総合技術研究所は6日、鉄道沿線の落石事故を防止するため、不安定な岩塊を100―300メートル離れた場所からレーザーやドローンで非接触により抽出し、落石危険度を評価する「レーザーとドローンを用いた落...

核融合科学研究所(岐阜県土岐市)は5月2日10時から、東京・お台場の日本科学未来館7階で「核融合!... 特別講演「リニアモーターカーと超電導技術」(長嶋賢鉄道総合技術研究所浮上式鉄道技術研究部長)な...

鉄道総合技術研究所は15日、超電導磁気軸受を使用した超電導フライホイール蓄電システムの実証機を完成し、試運転を始めたと発表した。... 同実証機の開発は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の...

鉄道総合技術研究所(鉄道総研)では、レールの摩耗や亀裂など、劣化のメカニズムを解明するため、スーパーコンピューターを用いてレール上の車輪の転がりを再現。... しかし、車輪とレールの接触面で発生する現...

実際のRC橋脚の約3分の1スケールで試験体を製作して、鉄道総合技術研究所の載荷試験設備で公開試験を実施。... 主に開床式の鋼製鉄道橋の耐震改修を想定して開発。

鉄道総合技術研究所はスーパーコンピューターでレールと車輪の接触面の力学現象をシミュレーションする技術を高度化する。レールの摩耗や亀裂などのメカニズムを解明するため、2010年から技術開発に着手し、14...

ケミトックス(東京都大田区、03・3727・7111)は3月11日13時半から、欧州鉄道車両向け安全規格「EN45545」の最新動向に関するセミナーを開く。鉄道総合技術研究所鉄道国際規格センターの草節...

追悼2014 (2014/12/26)

生産技術畑を歩み、戦後の4輪乗用車メーカーへの脱皮を生産面で率いた。... 一方では衛生陶器の石こう型を樹脂製に切り替えるなど技術革新を主導。... 代わりに新薬開発の研究所設立を唱え、創薬の礎とした...

東京大学生産技術研究所と鉄道総合技術研究所は、鉄道分野での先進的、実用的な共同研究や人材育成などについて、連携・協力を推進する協定を締結した。鉄道の高度シミュレーションや情報ネットワークなどの技術分野...

鉄道総合技術研究所は周速度が毎秒36・6メートルで、許容回転速度が世界最高の高速回転軸用真空シールを開発した。... この技術を直径100ミリメートルの回転軸に適用した場合、1分当たり最高7000回転...

鉄道総合技術研究所とJR貨物は、悪天候時にも安定した加速性能を確保するため、インバーター制御機関車のけん引力を向上する主電動機の制御方法を開発した。

「放っておくと、将来的に中国語になってしまう」と、東京大学の正田英介名誉教授(鉄道総合技術研究所会長)は1980年前後に参加した国際電気標準会議(IEC)の技術専門委員会(TC)1で危惧した。 ...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日10時半から東京都千代田区の御茶ノ水ソラシティで「航空シンポジウム2014〜我が国の航空科学技術と国際競争力の強化に向けて〜」を開く。... 主な特別講演は「鉄...

鉄道総合技術研究所はPC(プレストレストコンクリート)電化柱をH鋼で支持し、倒壊などによる列車との衝突を防止する倒壊防止工法を開発した。... 鉄道総研では振動台実験による検証の結果、最大加速度700...

鉄道総合技術研究所が2007年に開発した架線・ハイブリッドトラム「ハイ!... トラムは鉄道総研が新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託で開発。

鉄道総合技術研究所は3日、300メートル級超電導き電ケーブルによる電車の走行試験(写真)に成功した。... 鉄道総研では走行試験のデータを収集。研究開発を進めて4―5年後に鉄道の営業運行で実用化する。...

鉄道総合技術研究所と大林組、新日鉄住金はシートパイル(鋼矢板)と直接基礎のフーチング(基礎の底版部)とを接合したシートパイル基礎工法の設計施工マニュアルを改訂した。鉄道分野の基礎構造物の設計・施工の基...

鉄道総合技術研究所は1日、鉄道の地震防災などを研究する「鉄道地震工学研究センター」を設置したと発表した。... 必要な情報を鉄道事業者に提供する。耐震設計や地震防災など地震関連のコンサルティングや研修...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる