電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

548件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

射出成形機受注、3月2.2%増 3カ月連続プラス (2024/4/17 機械・ロボット・航空機1)

円安基調は今後もしばらく続くと考えられるほか、九州地域では半導体工場建設に伴う景気で自動車や半導体製造装置関連の引き合いも増えており、「今後の受注増に期待したい」(同)とする。

レゾナックHD、通期上方修正 営業益470億円 (2024/4/17 素材・建設・環境・エネルギー1)

売上高は2月公表比300億円増の1兆3600億円、営業利益は同190億円増の470億円に引き上げた。 為替水準が当初想定よりも円安基調で推移していることに加え、半導体材料などの需要回...

株、一時600円安 4万円割れ (2024/4/2 総合3)

終値は前週末比566円35銭安の3万9803円9銭だった。... 朝方は為替の円安基調などを背景に上げ幅が300円を超す場面もあったが、その後は半導体製造装置をはじめとする幅広い銘柄に利益確定売りが出...

利下げ回数縮小への警戒感後退による米株高を受け、21日の東京株式市場は日経平均株価が800円超上昇した。 ... 為替の1ドル=150円台の円安基調も支えとなり21日の東京市...

米株高に加え、日米金利差が意識された円安基調が国内株価を押し上げた。... だが実際の相場は真逆に反応し、21日の東京外国為替市場は1ドル=150円台の円安で推移した。... 円安は輸出に有利...

【福岡】経団連の十倉雅和会長は4日、九州経済連合会との懇談会後の記者会見で同日の株高について「最高値の4万円を超えたことは素直に喜んだらいい」と語った。為替の円安基調や中国の景気減...

関西は同2000円高の5万2500―5万4000円。... 中四国が同2000円高の同5万3000円中心。... 為替の円安基調も追い風になった。

共英製鋼は3月度の異形棒鋼販売価格について、全事業所で現行価格からトン当たり3000円引き上げる。... コスト面では円安基調を背景に主原料の鉄スクラップ価格が強含む。

米国の株高や為替の円安基調を背景に、日本企業の好決算と業績改善見通しが株価を押し上げている。 ... 16日の東京外国為替市場で、円相場は1ドル=150円台前半で推移した。日...

円安により日本のGDPがドル換算で目減りした一方、ドイツはエネルギー価格の高騰が名目のGDPを押し上げた。... 円安基調も日米金利差だけが理由ではないだろう。... 円安是正にもつながるはずだ。

前月契約比6円高。... 為替の円安基調も追い風となった。 ... 関東地区の指標となる東京製鉄宇都宮工場(宇都宮市)の鉄スクラップ買い取り価格は、H2相当で同5万1...

双日は2024年3月期連結業績予想(国際会計基準)の当期利益を23年10月公表比50億円増の1000億円に上方修正した。想定よりも石炭市況が堅調で、円安基調の継続に...

市場では円安が進み輸出環境が好転。... 大阪湾岸市場では輸出業者が為替動向に左右されながらも、円安基調下で月間2万―3万トン規模の輸出を継続。... 市況は円安進行で関東鉄源協同組合の1月契約分の輸...

前月契約比2061円高で、1月の落札価格としては過去最高。... 為替の円安基調も追い風になった。 ... 関東地区の指標となる東京製鉄宇都宮工場(宇都宮市)の鉄スク...

足元の国内の株高は、米国の堅調な株価や円安、日本企業の好業績などが背景にある。米国は半導体を中心にハイテク株が買われ、米国の堅調な経済指標から早期の利下げ観測が後退し円安基調にある。... 23年の自...

円安「プラス」は6割超 大手企業はエネルギー・素材価格高騰に伴う価格転嫁に一定のめどを付け、新たな飛躍に向けて好機をうかがっている―。... 他方、円安基調が業績に与える影響は「大き...

日本建設業連合会会員93社の2023年度上期国内受注額は7兆6567億円とコロナ禍前を上回って過去20年で最高となり、2―3年先まで高い水準の需要が継続する見通し。 ... 足元の円...

円安が明暗を分けているようだ。... 経済活動の正常化と為替の円安基調が外国人を日本に向かわせた。 ... 足元の相場は同147円台で、38円も円安が進行した。

11月の業況DI、小幅改善 コスト増で足踏み 日商LOBO (2023/12/5 中小・ベンチャー・中小政策)

製造業は自動車関連が堅調な一方、円安に伴う輸入部材の高騰が重荷となった。... 日商が同時にまとめた円安基調が業績に与える影響の調査は、「デメリットが大きい」が5割弱の47・8%だった。

前期までに積み上がった受注残や為替の円安が業績を下支えするが、原材料価格の高騰を販売価格の上昇などで補えるかが収益を左右しそうだ。 ... 家城淳社長は足元の受注状況について「半導体...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン