213件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

主要産油国は18日、協調減産の決裂を回避して段階的な減産幅の縮小で妥結したが、新型コロナ感染の再拡大による輸送燃料需要の落ち込みが警戒された。

OPECプラスは18日の閣僚会合で、日量約580万バレルとする協調減産幅を、8月から毎月、日量40万バレルずつ縮小すると決定。一方、22年4月としていた協調減産の期限は同年末に延長し、緩慢な需要回復に...

原油は7月初めのOPEC(石油輸出国機構)プラスで協調減産が決まらず、1バレル76ドル台まで上昇した。

2022年4月末を期限とする協調減産を同年末まで延期するサウジ提案にUAEは反対して協議が中止となり、市中では8月以降も現行の減産規模が維持される見通しが中心となっていた。 ... ...

(田中明夫、編集委員・板崎英士、梶原洵子) 思惑入り乱れ、OPEC協調減産協議中止 産油国、結束ほころび OPECプラスは5日、同日開く予定だった8月以降の協調減産...

供給面では、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国(OPECプラス)による協調減産の継続が相場を支える。 ... OPECプラスは協調減産を徐々に縮小させるとの見方が多いが、...

市場では、協調外交を掲げるバイデン米政権の発足によりイランの原油市場への復帰観測が高まったが、反米色の強いイラン政権の誕生で供給回復は難航しそうだ。 ... 目先では、7月1日開催の...

協調減産を実施している石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国(OPECプラス)に対しては、「十分な供給が維持されるよう蛇口を開く必要がある」とし、需要回復に自信をのぞかせた。 ...

2日に開かれた石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟国による「OPECプラス」では、原油の協調減産を段階的に縮小する従来方針の確認に留まった。

6月1日に開かれた石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国(OPECプラス)の会合は、決定済みの7月までの協調減産の縮小を確認するにとどまった。同会合で、需要回復を踏まえ8月以降の協調減産の...

新型コロナウイルスのワクチンが普及し、世界経済が回復しつつあることを踏まえて、6月と7月の協調減産の規模を具体的に決めた。 発表によると、6月の減産規模はOPECプラス全体で日量62...

目先では、インドなどの需要減退や主要産油国が7月まで協調減産幅を段階的に縮小させることが相場の下押し圧力となるが、「米中の需要が下支えとなり、WTIは60ドル近辺で様子見の展開となる」(野村証券の大越...

米中経済の回復や協調減産で原油価格が上がったことが大きい。

主要産油国が5月から7月にかけて減産を段階的に縮小すると決めて需給緩和が意識されたが、最大消費国である米国の経済指標の改善が相場を下支えしている。... 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の...

ただ中国は早くも景気刺激策の縮小を模索し始めたほか、原油市場では協調減産の緩和観測がくすぶる。... 3月に同60ドル台後半をつけた際には、5月以降の協調減産の縮小観測が市中で広がった。 &#...

石油輸出国機構(OPEC)と非加盟主要産油国(OPECプラス)の協調減産やサウジアラビアの自主減産が継続し、原油価格を支えている。... また、原油価格が1バレル70ドルを超える水準では、OPECの協...

主要産油国の協調減産に加え、年明けにサウジが日量100万バレルの自主減産を表明したことも強材料となった。

目先では、4月1日開催のOPECプラス会合で検討される5月以降の減産方針に注目が集まる。前回3月会合では、協調減産の枠組みとサウジアラビアの自主減産を4月も維持すると表明し、相場が上昇した。 ...

会合では5月の協調減産についての議論に加え、2月から日量100万バレルの自主減産を実施しているサウジアラビアの動向が注目されている。 前回3月の会合では、市場予想に反して減産幅が維持...

主要産油国が4日に協調減産の枠組みを4月も維持すると決めたことが好感された。... 主要産油国の協調減産幅体制の維持に加え、7日に親イランの武装組織がサウジアラビアの石油施設を攻撃したと伝わったことも...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる