電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

34件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

12月ごろまでを目標として、自社が手がける「採石場見学ツアー」に観光商品の一つとして組み込み、販売も始める。... 採石場見学ツアーに実装後、2―3年程度は体験者などに向けプロトタイプとして販売する。

日立建機、東南アに中・大型油圧ショベル4種投入 (2024/1/24 機械・ロボット・航空機2)

一般的な都市土木工事のほか、大規模な公共工事や採石場、鉱山現場での需要を見込む。

栗本鉄工所、リサイクルプラント事業の三協機械を買収 (2023/11/15 機械・ロボット・航空機2)

栗本鉄工所は、主力事業であるダクタイル鋳鉄管で培った鋳物の技術を生かし、採石場向けの破砕機なども製造している。

栗本鉄工所、二次破砕機品ぞろえ拡充 自動化需要狙う (2023/4/19 機械・ロボット・航空機1)

今回の拡充により、さまざまな規模の採石場で使えるよう処理能力の幅を広げた。 ... 栗本鉄工所によると、採石場では省人化や自動化のニーズが高まっており、プレージコーンの導入...

ドローンポートシステムを使用し、380メートル離れた採石場を被災現場に想定したルートを設定、必要なデータの取得ができることを確認した。

コマツは東京石灰工業(東京都中央区、菊池宏行社長)の採石現場向けに、新開発の「HM300―5散水仕様車=写真」を納入した。... 広い採石場内を短時間で効率的に散水できるように...

第51回機械工業デザイン賞IDEA(3)日本力(にっぽんぶらんど)賞 (2021/7/21 機械・ロボット・航空機1)

「工場内でマシンを組み上げて3カ月間、あれこれと試し、そこから採石場を借りてさらに6カ月ほど実証実験を繰り返した」と大洞主任技師は明かす。

スーパー工業、大型ミストファン 65m先へ噴霧、解体粉塵防ぐ (2021/4/14 機械・ロボット・航空機2)

老朽化したインフラや建築物の刷新に伴う解体や廃棄物を集約するリサイクル工場、採石場など、大規模現場での粉塵対策に提案する。

同社は1980年代に自動運転車の研究を始め、90年代に採石場でプロトタイプの自動運転トラックを稼働させた。

日立造船、英でゴミ焼却プラント受注 (2020/2/25 機械・ロボット・航空機1)

日立造船のスイス子会社の日立造船イノバ(HZI)が英レスターシャー州のニューハースト採石場内に建設するゴミ焼却発電プラント(完成イメージ)を受注した。

ANA、宇宙事業へ一歩 JAXAなどと連携、モデル創出 (2018/9/19 建設・エネルギー・生活1)

並行して大分県の採石場跡地で各種実証実験にも着手。... アバターXも技術検証の深化に伴い、宇宙環境を模した実験場「アバターXラボ@大分」を順次整備していく。

宇都宮市内に点在する大谷石採石場跡地の貯留水を活用し、環境保全と地域活性化につなげる。... 大谷石採石場跡地の貯留水の水温は年間平均7―10度C程度と一定で、他の水に比べ夏は冷たく冬は温かい。

日本工大、学生起業プランコンテスト 学長賞に岡さん (2017/11/7 中小企業・地域経済2)

【さいたま】日本工業大学は「学生起業家支援プログラム第12回ビジネスプランコンテスト」(日刊工業新聞社など後援)を開き、「学長賞」に機械工学科3年の岡毅さんの「採石場をオフロードカー・...

クローズアップ/かげりゆく地方創生、民間主導で光明も (2017/10/9 中小・ベンチャー・中小政策)

この4月に自社採石場を使った展望台が完成。国の資金も得て「北木島採石場見学ツアー及び北木石を使用した土産品の開発・販売事業」もスタート。... 120年以上産出してきた採石場(丁場)は...

同設備はカルバクスフィヨルズルというフィヨルド(峡湾)に位置する採石場に建設する。

建機の視角をカバー 日立建機、視野角120度の警報装置 (2017/2/2 機械・ロボット・航空機2)

建設現場や港湾、採石場などでの作業の安全性を高められる。

そこで宇都宮市が目を付けたのが大谷石採取場跡地の地下水。... 大谷石採取場跡地は約250カ所、延べ床面積で約56ヘクタールに上る。... ただ、地域住民は現在も同採取場跡地にネガティブなイメージを抱...

【宇都宮】宇都宮市は、地下水を使って農産物を保冷できる大谷石採取場跡地に食品関連企業を誘致する。... 首都圏市場へのアクセスの良さをアピールし、3年以内にカット野菜加工場や物流施設などの誘致を目指す...

モバイルロボットでは例えば、無人の自律作業車が鉱山や採石場で自動で採掘作業を行い、採掘物を運搬したり、自動運転トラックが高速道路を走って商品を配送したりする用途を想定。

造船所や採石場などの荷重の大きい設備で採用を狙う。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン