電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

14件中、1ページ目 1〜14件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

【ベルン=飯田真美子】ベルン大学は、小惑星が地球に衝突するのを未然に防ぐために小惑星へ探査機を衝突させて軌道を変える「DART」プロジェクトで、実際に探査機を衝突させた天体が変形したことを明ら...

ユニステラ、ニコンと連携加速 天体望遠鏡で日本に攻勢 (2023/4/12 電機・電子部品・情報・通信2)

22年9月にはユニステラのデジタル天体望遠鏡が、米航空宇宙局(NASA)の小惑星の軌道変更実験「DART(ダート)」に貢献した。30人以上の利用者が小惑星「ディモルフォ...

米航空宇宙局(NASA)が2022年9月に実施した小惑星の軌道変更実験「DART(ダート)」で、市民天文学者のコミュニティーが同ミッションの有効性確...

▽これまでの約5000倍もの大きさを持つ巨大バクテリアの発見▽多年生イネの品種の開発▽中世の黒死病が欧州人の遺伝子を変えたことについての新たな洞察▽永久凍土層に保存された環境DNAから復元された200...

宮城大学と日本電子は、対象物の分子量を即時に分析できる「DARTイオン源」を搭載した質量分析装置を活用し、マダコやホタテガイなど水産養殖に関する共同研究を始めた。

リアルタイム直接質量分析法(DART―MS)に使用する揮発性成分を分析する装置で、エスビー食品と共同開発した。

<市内鉄道網の強化や渋滞緩和策も> ダラス高速運輸公社(DART:Dallas Area Rapid Transit&#...

島津製作所は2011年ごろから自社の高速液体クロマトグラフ質量分析計に、「DARTイオン化法」という手法によって直接的にイオン化できる米国のイオンセンス(マサチューセッツ州)の製品をユ...

ボラタイムシップは、市販する直接質量分析装置(DART―MS)の拡張デバイスとして取り付ける機器。

前処理をすることなく試料を分析する手法としては、高温プラズマガスを用いるDART法などがある。

島津製作所は対象物をかざすだけで瞬時に質量分析できる「DARTイオン化法=写真」の提案を始めた。

DARTは断線した際に発生する電流値の変化を数マイクロ秒(マイクロは100万分の1)レベルで検知し、電源を5マイクロ秒で遮断する。... 発売するのはフィールドバス用電源「DARTパワ...

【岐阜】DArt(ディーアート、岐阜県関市、山下泰弘社長、0575・24・5322)は、排気量250ccの3輪自動車「ハガネ」を完成、7月初旬をめどに発売する。

その中で中部らしい事例の一つがDArt(ディーアート、岐阜県関市)。... DArtは2輪車を改造した「トライク」製造・販売のベンチャー企業。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン