1,318件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

工場自動化(FA)関連ではこれまで米中貿易摩擦などで需要が低迷していたが、19年後半から半導体や第5世代通信(5G)関連などで動きが出始めていた。 ... 受注が急拡大した同小型機は...

専任者・展示施設で営業強化 三光電業はFA機器と電子部品の商社で、東は大阪市住之江区から西は福岡市東区まで西日本一帯に営業所を構える。三菱電機のFA機器の特約店として、三菱電機をはじ...

工場自動化(FA)用途での活用も視野に入れる。... タイムサーバーは、ネットワークに接続されている機器に対して正確な時刻を配信する装置。... 生産ラインの管理といったFAにおける時刻同期の需要を意...

自動車部品のほか、軸受、工場自動化(FA)製品、医療機器部品の加工用途などでの利用を見込む。

工場自動化(FA)機器商社の同社は、特注で点火装置を製造する。

キヤノンは、工場自動化(FA)におけるネットワークカメラの活用拡大に力を注いでいる。... 2018年に発売した画像処理ソフト「ビジョンエディション」は計測機器やバーコードの読み取り、数字の認識などが...

京セラ、NECの光学部品子会社買収 高耐力成膜で市場開拓 (2020/3/26 電機・電子部品・情報・通信1)

京セラは2016年にFA機器向けの大口径レンズなどが強みの光学部品メーカーを買収するなど同事業を強化している。

データ活用に関わるIT企業、工場自動化(FA)機器メーカー、システムを構築するインテグレーター(SI)などで構成する。... 同社は既にサーボモーターやロボットなど現場のエッジで稼働する機器を幅広く提...

【宇都宮】正和(栃木市、平野和正社長、0282・22・0653)は、タイ工場で工場自動化(FA)機器部品、金型部品などの生産体制を強化する。

過去最大級の20億円制裁金 ボーイングに米当局検討 (2020/3/10 機械・ロボット・航空機1)

米連邦航空局(FAA)は、米ボーイングが737MAXや737ネクスト・ジェネレーション(NG)に当局が認めていないコックピット機器を装備したとして、同社に約1970万ドル(約20億7600万円)の制裁...

ロボットアーム、コントローラの他、工作機械や半導体製造装置への採用を見込む」 ―IoT(モノのインターネット)やファクトリーオートメーション(...

ODM(相手先ブランドによる設計・生産)、電子機器製造受託サービス(EMS)、OEM(相手先ブランド)に対応する。 ... また車載事業だけでなく電子機械、有機EL、医療機器といった...

FAプロダクツは太陽光発電機器販売を手がける。... デジタルグリッドはブロックチェーン(分散型台帳)を活用した機器を手がける。... このほか、ミライネクト(名古屋市中村区)が電力販売、日東工業がデ...

第62回十大新製品賞/本賞 三菱電機 (2020/2/12 機械・航空機 2)

接続機器間を1マイクロ秒の高精度で同期でき、FA機器群を滑らかに正確に制御できる。... 通常のFA機器開発は既定ネットワークに合わせ、機種数も20あれば多い方だ。... (名古屋編集委員・村国哲也)...

また、社内工場には内製ロボットだけではなく、各社のロボットや機器がたくさんあります。... 物流業界はFAに比べるとロボット化は全く進んでいません。... 人材育成へ協議会設立 産学...

日本機材は、空圧制御機器大手のSMCの子会社で技術商社。産業用ロボット、FA機器、流体制御機器など幅広い商材を取り扱う。

三菱電の4―12月期、営業益9.5%減 中国市場の成長鈍化 (2020/2/4 電機・電子部品・情報・通信1)

中国市場の成長鈍化に加えて全世界で自動車販売が落ち込んでおり、主力のFAシステムや自動車機器が業績全体の足を引っ張った。... FAなど産業メカトロニクス部門の営業利益は同48・3%減の589億円と落...

20万種以上の制御機器の技術と独自アプリケーション(応用ソフト)を活用した解決策の実証や、各種機器の導入に必要な技術トレーニングを提供する。同施設を通じた機器の受注額で、2年間で計55億円を目指す。&...

加工品の画像検査や装置の異常検知など、ロボットやFA機器が大量のデータを吐き出すようになった。... SIは判定結果に応じて機器を制御する。... するとAI識別などの結果をリアルタイムに生産ラインに...

三菱電機照明、作業情報を収集する製造システム (2020/1/21 電機・電子部品・情報・通信1)

導入後は三菱電機が取り組んでいる、FA機器のデータから生産性向上といった課題解決を提案する「イーファクトリー」と連動しながら2、3年かけて精度を高めていく。

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる