[ ロボット ]

ブロックチェーン技術をIoTに応用へ−経産省が検討

(2016/2/29 05:00)

経済産業省は仮想通貨を支える新技術「ブロックチェーン」について、IoT(モノのインターネット)分野などに広げるための調査研究を始めた。同技術はデータ管理を比較的安全にでき、処理負担も小さい。ロボットなど機器間の通信などへの応用を想定している。4月には政策課題を盛り込んだ調査結果を公表し、同省の今後の政策に反映させる。

ブロックチェーンは、取引のすべての記録などをまとめた「ブロック」をチェーン(鎖)のようにして次々につなげる仕組み。インターネット上で権利移転取引記録などをユーザー同士相互に共有する。「ビットコイン」をはじめとする仮想通貨取引などに使われており、二重譲渡や記録改ざんを防ぐなど、信頼性を担保する。また、中央サーバーによる管理がなく、運用コストも低いとされる。

経産省はIT産業政策などを担当する商務情報政策局が、事業家を交えた非公開の検討会を設置した。海外事例も参照してブロック...

(残り:298文字/本文:698文字)

(2016/2/29 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

ログインするとこんな内容・詳細が読めます

  • ブロックチェーン技術は、データ管理を安全に、しかも処理負担も少なくて済む新技術。このデータ管理をさまざまな分野に応用できるとの期待が高まっている。

PR

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン