[ その他 ]

【電子版】先週の注目記事は?(解説つき)

(2016/7/19 05:00)

■ランキング・ベスト10(7/11~7/17)

1位 文科省、科研費に大型助成新設−1件2000万円、独創的研究後押し

2位 ソニー、3Dプリンターで部品量産−射出成形機並みの造形可能に

3位 日本飛行機、最新ステルス戦闘機「F35」の射出座席整備に参画

4位 東芝、中国で原発ビジネス拡大−受注目標50件、WH技術で周辺設備にも意欲

5位 富士電機、電力制御機器の設備投資で国内に重点配分−神戸に新工場棟

6位 東芝、中国向けスマホで半導体メモリー好調−4―9月期営業利益、上振れ見通し

7位 不二越、5年以内めどサービスロボに参入−20年売上高7.5倍へ

8位 経産省、水インフラ管理にIoT−日立などと実証

9位 ANA、ボンバルディアDHC―8―Q400を3機導入

10位 第46回機械工業デザイン賞/経産大臣賞に堀場製作所と横河電機

■解説:日本飛行機、最新ステルス戦闘機「F35」の射出座席整備に参画

「パリ国際航空ショー」と隔年開催の「ファンボロー国際航空ショー」がロンドン郊外のファンボロー空港で11日から17日まで開かれた。何より日本関連の注目ニュースは、三菱航空機が、スウェーデンの航空機リース会社から国産小型ジェット旅客機「MRJ」20機の受注を発表したことだろう。航空機の本場でありながら、新規参入企業に対して保守的と言われる欧州での初受注。そのMRJは今月下旬、型式証明取得に向け米国での試験飛行に入る。一方、ファンボローには日本の中小の出展も目立つ。海外受注は「外国語などでのドキュメントづくりなどを含め、実際には収益を上げるのが難しい」(航空部品加工を手がける中小メーカー)という話もあるが、受注実績は技術力の証でもある。次の成長市場として盛り上げていきたい。

(2016/7/19 05:00)

関連リンク

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

わが青春の碑 
人生は旅、人は旅人

わが青春の碑 人生は旅、人は旅人

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる