[ 機械 ]

ファナック、信頼性評価施設を集約・拡充−来月から大型施設で知見共有

(2016/7/25 05:00)

ファナックはロボット、工作機械など製品の種類別に分かれていた信頼性評価機能を集約する。山梨県忍野村の本社敷地内に、面積2万2000平方メートル程度の大型評価施設を新設し、8月中に本格稼働する。全事業を一体的に信頼性を評価する体制に改めて検証の知見を共有する。電波暗室も導入して社内対応できる領域を広げ、評価業務を効率化する。製品の信頼性に磨きをかけ、シェア拡大につなげる。

従来はロボット部門、小型工作機械が主力のロボマシン部門、コンピューター数値制御(CNC)装置を手がけるFA部門の各研究所に、信頼性評価機能を置いていた。集約により、加速寿命試験のデータ解析などで知見を共有化し、製品の信頼性を底上げする。

新評価施設には電波干渉を検証する電波暗室や、振動への耐性を検査する加振室なども設置。これまで電波暗室を用いる電磁環境適合性(EMC)試験は外注していたが、社内対応によってより素早く綿密...

(残り:113文字/本文:513文字)

(2016/7/25 05:00)

Journagram→ Journagramとは

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる