[ 科学技術・大学 ]

物材機構など、スマホで有毒ガス検出するセンサー材料開発

(2016/8/5 05:00)

  • 試作した有毒ガスセンサー(物材機構提供)

物質・材料研究機構国際ナノアーキテクトニクス研究拠点の石原伸輔主任研究員は米マサチューセッツ工科大学と共同で、スマートフォンで有毒ガスを検出するセンサー材料を開発した。新材料に有毒ガスが触れると導電性が30倍向上する。有毒ガスの模擬化合物の塩化チオニルを、10ppm(ppmは100万分の1)の低濃度で検出できることを確認した。3年程度での実用化を目指す。

有毒ガスに触れるとバラバラに切断される絶縁性高分子を合成した。この絶縁性高分子で、導電性のカーボンナノチューブ(CNT)を包んだ。有毒ガスに触れると絶縁性の膜がほどけてCNTに電流が流れる。新材料1グラムで400万個のセンサーを作れる。

近距離無線(NFC)タグとセンサーを組み合わせ、スマートフォンで有毒ガスを検知するシステムを開発した。サリンなどの求電子性の化合物に反応する。

(2016/8/5 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン