[ その他 ]

【電子版】先週の注目記事は?(解説つき)

(2016/10/18 05:00)

■ランキング・ベスト10(10/10~10/14)

1位 私の研究は科研費に支えられた−総額18億円の支援が大隅氏のノーベル賞受賞に結実

2位 宇宙太陽光発電システム、JAXAが要素技術実験に成功−電力送り、ドローン飛ばす

3位 IHIなど、セラ複合材で高圧タービン翼−航空機エンジン用に来年度試作

4位 三菱ふそう、大型観光バスの変速機をAMTに一本化

5位 NEDOなど、水から水素生成の人工光合成で変換効率3%達成

6位 サムスン危機、部品警戒−「ノート7」製販中止

7位 【熊本地震】ソニー、熊本工場が完全復旧−出荷回復、下期にフル生産へ

8位 iPhone7、在庫不足解消で販売堅調−大手と格安スマホの顧客奪い合い激化

9位 ロボ・AI融合で進化する無人搬送車−物流・生産現場を「賢く」効率化

10位 トヨタ・スズキ、提携検討−エコカー・自動運転技術にシナジー期待

■解説:サムスン危機、部品警戒−「ノート7」製販中止

 人気スマートフォン「ギャラクシーノート7」の異常過熱・発火事故をめぐって、製造元の韓国・サムスン電子や日本企業を含むサプライヤーへの打撃が長引きそうだ。同社は14日、ノート7の生産打ち切りに伴い、営業利益への悪影響が来年3月までの3四半期で約5500億円に達するとの見通しを明らかにした。それに加えてブランドイメージの低下も避けられず、アップルや4日に独自の新型スマホ「ピクセル」を発表したグーグルなどといった競合に有利に働くとの観測もある。

 サムスンとサプライヤーにとって悩ましいのは、発火の原因がはっきりせず、交換した機種でも事故が起こったことだ。そのため、蓄電池本体ではなく、そもそも機種本体の設計ミスではないかとの見方も出ている。今後同じような事故を避け、ブランド復活のためにも、生産打ち切りで終わりにせず、徹底的な原因究明が求められる。

(2016/10/18 05:00)

関連リンク

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる