[ オピニオン ]

産業春秋/名古屋は“バス先進地”

(2017/1/18 05:00)

路線バスを乗り継ぐ旅番組が好評だからだろうか。バスの利用が人気だという。名古屋市では小旅行だけでなく、日常の移動手段としてバス活用を模索する取り組みが始まっている。

地下鉄が主要ポイントを結んでいる市の中心部でも、決まった訪問先への移動なら路線バスの方が便利なケースがある。市内周辺のバス会社では、そうした早くて安価なルートをまとめて表示している。

もともと名古屋にはバス運行の“先進地”の顔がある。1982年には広い道路幅を生かして、中央の専用レーンを走る「基幹バス」を導入。2001年には専用高架軌道を走る「ガイドウェイバス」が開業した。ダイヤは鉄道並みで、道路混雑の緩和にも一定の効果をあげている。

さらに市は新しい公共交通機関として、専用レーンに連結バスを走らせる「バス高速輸送システム(BRT)」の導入方針を示している。中心市街地を巡る回遊性と利便性の向上を目指すもので、27年のリニア中央新幹線の開業を見据えた動きだ。

BRTは宮城県気仙沼市など複数の都市で、運行が始まっている。後を追う名古屋市はBRT導入時に、自動運転など先進技術を取り入れる考え。“自動車の街”は、さらに進化を続ける。

(2017/1/18 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる