[ オピニオン ]

産業春秋/マティス米国防長官の来日

(2017/2/3 05:00)

「私には得意なことが二つ。困難を克服すること。優秀な人材が最高の仕事をするよう動機づけること」―。米国のトランプ大統領は、自伝にそう記している。

謙虚を美徳とする日本人からみると大した自信だ。ただトランプ氏が、優れた人材に目がないのは事実らしい。自伝の中に、有能と認めた人物を過剰なほどに褒める場面が何度もある。

氏が認めるマティス国防長官が3日、来日する。政府高官によると、1月末の日米首脳の電話会談で、あいさつもそこそこに大統領が「とにかくマティスを送るから」と言ったのが印象的だったという。言葉の端々に「信頼が表れていた」そうだ。

マティス氏は元中央軍司令官。“狂犬”の異名もあるが、現場を知る優れた戦略家とされる。「与党・共和党だけでなく野党・民主党からも絶賛されている」(外交筋)人物で、議会承認が遅れているトランプ政権の閣僚の中でも、早々に承認を取りつけた。

トランプ大統領はロシアに融和的だが、マティス氏は一定の距離を置く。選挙期間中に繰り返し発言した在日米軍の駐留経費の負担拡大についても、マティス氏なら違う意見があるのではないか。霞が関は、そんな希望を込めながら新長官を迎える。

(2017/2/3 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる