INDUSTRIAL TRENDS AD

[ ロボット ]

ANA、ドローンで航空機点検の実証開始−1年以内に実用化めど

(2017/2/17 05:00)

全日本空輸(ANA)はエアロセンス(東京都文京区、谷口恵恒社長、03・4405・8535)と連携し、飛行ロボット(ドローン)を用いた航空機の点検の実証実験を始めた(写真)。ドローンで上空から撮影した画像を解析し、機体の状況を確認する。従来、高所作業車から目視で確認していた機体上部の異常を、地上から安全に点検できる。1年以内に実用化のめどを立てることを目指す。

ドローンの活用は旅客機に雷が落ち、被雷した後の機体の点検から始める。雷を受けた機体のひび割れ状況を数ミリメートルのものまで確認し、修理の必要性を判断する。目視での検査は30―40分かかり、遅延や欠航が発生してきた。第1回の実証実験で、ドローンの飛行時間は13分。今後、飛行や撮影、画像解析の方法などを検討し、強風などの天候でも安定的な自律飛行を可能にして効率を高める。

ドローン活用は、ANAの新規事業の一環。自社の業務改革に使いながら、将来は企業向けや一般向けのサービスでの運用を検討していく。

(2017/2/17 05:00)

関連リンク

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

必携「からくり設計」メカニズム定石集
-ゼロからはじめる簡易自動化-

必携「からくり設計」メカニズム定石集 -ゼロからはじめる簡易自動化-

技術大全シリーズ 
めっき大全

技術大全シリーズ めっき大全

バーチャル・エンジニアリング
―周回遅れする日本のものづくり―

バーチャル・エンジニアリング ―周回遅れする日本のものづくり―

「酸素が見える!」楽しい理科授業
酸素センサ活用教本

「酸素が見える!」楽しい理科授業 酸素センサ活用教本

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか!
取り残される日本のものづくり

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか! 取り残される日本のものづくり

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい土壌の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい土壌の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン