[ 医療・健康・食品 ]

第一三共、バイオ薬生産に400億円投資 国内3工場増強

(2017/2/22 05:00)

  • 館林工場の抗体製造用培養槽

第一三共は生物由来のバイオ医薬品について、2020年度までに累計300億―400億円の設備投資を行う。主に国内の3工場へ投資し、動物細胞を培養してつくる抗体に抗がん剤などの薬剤を融合させた抗体薬物複合体(ADC)の生産を本格化する。化学合成で大量につくる低分子医薬品を主力としてきた体制を改め、多様なADC薬を適時に供給可能とする。経営目標であるがん領域事業の強化につなげる。

従来、第一三共ケミカルファーマの館林工場(群馬県千代田町)でADCの治験薬を生産してきた。ADCは「DS―8201(開発コード)」など2剤が第1相臨床試験、ほかに数剤が非臨床試験の段階にある。

こうした開発状況を踏まえ同社の小名浜工場(福島県いわき市)や、第一三共プロファーマの平塚工場(神奈川県平塚市)でもバイオ関連の製造設備を導入する。予備の生産体制として海外での外部委託も検討する...

(残り:245文字/本文:645文字)

(2017/2/22 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる