[ 科学技術・大学 ]

39光年先に生命体の可能性−NASAが発見、3惑星に水存在?

(2017/2/24 05:00)

  • 地球サイズの惑星を7個持つ恒星「トラピストー1」(NASA/JPL-Caltech提供)

地球外生命体はいるのか…。米航空宇宙局(NASA)は日本時間23日、地球から39光年(1光年は光が1年間に進む距離で9兆4600億キロメートル)離れた場所にある恒星の周りに、七つの地球サイズの惑星を発見したと発表した。見つかったのは赤色矮星(わいせい)「トラピスト―1」を回る7個の惑星で、そのうち3個は「生命居住可能領域」(ハビタブルゾーン)に位置し、生命に必要な液体の水が存在する可能性を示した。

7個の惑星はNASAのスピッツァー宇宙望遠鏡などで観測した。一つの恒星の周りに7個も地球サイズの惑星を発見した例は珍しい。成果は英科学誌ネイチャーに掲載された。

NASAは事前に太陽系外惑星に関する重大発表をすると予告。ネット上では「地球と同じような酸素を含む大気を持つ星があるのか」「宇宙人の存在が発表されるのでは」など盛り上がりをみせていた。今後、地球外生命体の発見や人類の移住などに向けた探査への期待が高まりそうだ。

(2017/2/24 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

2019年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2019年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいVRの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいVRの本

夢こそ力
挑戦する不屈の金型屋

夢こそ力 挑戦する不屈の金型屋

全固体電池入門

全固体電池入門

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン