[ 科学技術・大学 ]

食べられる光学素子−群馬大が開発、ケーキの飾りなど演出(動画あり)

(2017/2/27 05:00)

(群馬大学提供)

群馬大学理工学部の奥寛雅准教授らは、光学マーカーとして機能し食べられる光学素子を開発した。光を当てると広い範囲に光が反射する「再帰性反射材」を寒天で作成。ケーキの飾りとして使えばプロジェクションマッピングによる演出、消化管に張り付ければ内臓の収縮を3次元的に計測するといった医療での活用も見込める。食品の演出用素材として1年程度での実用化を目指す。

再帰性反射材は注意喚起の反射材や光学マーカーとして利用されている。今回、寒天で立方体が連なったコーナーキューブ式の反射面を作成した。反射率は市販の反射材と同等だった。型へ材料を流し込むだけの簡便な製造方法で、着色も可能。コストは食品のゼリーと同等にできる。マーカーが体内に残留するリスクはないという。

実際に、プロジェクションマッピングの位置検出マーカーとして機能することを確認した。ウエディングケーキに寒天マーカーを飾れば、新郎新婦のケーキ入刀のタイミングに合わせた華やかな演出を加えられるといった用途が見込める。(電子版に動画)

(2017/2/27 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン