[ 自動車・輸送機 ]

いすゞ、トラックへの負荷を部品単位で把握 中古車の査定精度向上

(2017/3/17 05:00)

いすゞ自動車はトラックにかかる負荷を部品単位で把握して中古車の査定精度を高める。エンジンや変速機など部品の稼働状況を遠隔で監視し、車両に蓄積される“生涯負荷”を把握する。中古車を走行距離などから査定する従来の方法に加え、各部品の負荷情報を活用する。部品の生涯負荷情報は、中古車を再販するか廃棄するかの判断にも生かせる見込み。資源を有効活用する上で、環境に配慮した取り組みとしても注目されそうだ。

いすゞは2015年に大型トラックを21年ぶりに全面改良し、テレマティクスを標準装備した。このシステムを用い、エンジン回転数など基幹部品の稼働状況や、アクセルやハンドル操作などの運転情報を収集。アクセルやブレーキの踏み具合などからエンジンや変速機にかかる負荷を時系列で把握し、中古車の査定に役立てる。

例えば重い荷物を長距離輸送する回数が多いトラックでは、1回の輸送で車両やエンジンにかかる負担は大きく...

(残り:274文字/本文:674文字)

(2017/3/17 05:00)

PR

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン