[ 機械 ]

未来の工場は「仮想化」−機械学会など、40年までの製造業を展望

(2017/3/22 05:00)

  • パナソニックは工場を3Dスキャンデータ化して、工場レイアウトを仮想的に検証

日本機械学会はパナソニックや産業技術総合研究所などと、2040年までの製造業にまつわるデジタル技術の展望をまとめた。IoT(モノのインターネット)の発達で、工場同士で機械のシェアリング(共有)や仮想化が進む見通しを立てた。また人工知能(AI)は雇用を脅かすより、むしろ人間の能力を高める方向に働く点を明記した。日本版のIoT構想として、国内外で発信していく。

同学会生産システム部門が中間とりまとめとして策定。海外発信第1弾としてドイツ・ハノーバーで開催中の国際情報通信技術の見本市「CeBIT(セビット)2017」で20日(現地時間)発表した。

工場内のモノの流れなど現実世界の出来事をコンピューター上で高度に再現する「サイバー・フィジカル・システム(CPS)」の到来を想定。顧客やクリエイターが個別に注文した商品に対し、コンピューターが繁忙状況や消費地への近さを考慮し、製造委託する工場を自動で振り分ける社会を構想した。

こうした世界では工場はブロック部品のようになり、現在のサーバーのような仮想化が進むため、高度な加工による差別化が今以上に求められる。

工場では完全自動にはならず、作業者も残る。ただ、ライン責任者などはITを駆使してIT側から管理する立場になる。またロボットやAIが高度化していく中、それを使いこなして仕事の質を高める能力が付加価値となる。

活動の主査を務める東京理科大学の日比野浩典准教授によると、これまで日本発のCPS構想はなかった。そこで同学会から発足したIoT推進団体のインダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)や経済産業省と連携し、人間にも焦点を当てた日本版CPSとして欧米に発信していく。

(2017/3/22 05:00)

関連リンク

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる