[ 医療・健康・食品 ]

ピロリ菌、3カ月で4割退治 ファーマフーズが鶏卵抗体を開発

(2017/4/4 05:00)

ファーマフーズはニワトリの卵から得られる抗ピロリ菌抗体(IgY)を開発した。ピロリ菌保有者を対象としたピロリ菌IgY含有ヨーグルトの有効性試験では、毎日1個のヨーグルトを食べると、12週間後には尿素呼気試験法(UBT)の数値が平均で4割下がった。液卵や粉末化した抗ピロリ菌IgY含有の機能性食品素材として、食品メーカーなどへ販売を見込む。

有効性試験は京都産業21の中小企業R&D支援事業により実施した。900人を募集し事前検査を行い、最終的に抗ピロリ菌IgYを含む卵黄液2グラムを配合したヨーグルト(内容量110グラム)を摂取する20人、通常のヨーグルト(同)を摂取するプラセボ(偽薬)群20人で実施した。

ヨーグルトを毎日1個食べた12週後のUBT値は、抗ピロリ菌IgYを配合したヨーグルトを食べた群はUBTの数値が平均4割下がり、胃の中の菌数が約4割減ったことになる。プラセボ群のUBTは数%下がった。(京都)

(2017/4/4 05:00)

関連リンク

ヘルスケアのニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2020/08/15

    8/15、土曜日付記事更新 ※8/17(月)は新聞休刊日のため、電子版も朝刊記事の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる