INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 政治・経済 ]

特許審査に「質」目標設定−特許庁、コミュニケーションに重点

(2017/4/18 05:00)

特許庁は2017年度から審査の「質」に関する定量目標を設定した。審査速度はおおむね世界最速を達成したことから、今後は出願人とのコミュニケーションに重点を置き、質の高い審査対応で企業の知財活用の間口を広げる。出願人からアンケートを取り、審査官の対応などを5段階で評価。特許、意匠、商標ともに上位評価の割合で合計60%以上を目標値とする。世界の五大特許庁(日・米・欧・中・韓)で「質」に対する定量目標を設定するのは初めて。

特許庁は出願人から審査請求を受け、実体審査後に拒絶理由通知や出願人からの意見書・補正書受理、再審査などを行い、特許として認めるか、拒絶するかを決める。この間、審査官がユーザーと対面や書面でやりとりする。これら一連のプロセスにおける“顧客満足度”を高める。

17年度末にも主たる出願人にアンケートを送付。文書のわかりやすさや電話対応などのコミュニケーションを「満足」「比較的満足...

(残り:289文字/本文:689文字)

(2017/4/18 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

有料会員:月額4,000円+税で、電子版すべての機能 をご利用いただけます。

無料会員:有料会員限定記事を月11本まで閲覧できるなど、一部機能をご利用いただけます。

PR

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる デライト設計入門 
ワクワクするような製品は天才がいなくとも作れる

よくわかる デライト設計入門  ワクワクするような製品は天才がいなくとも作れる

知って納得!植物栽培のふしぎ
なぜ、そうなるの?そうするの?

知って納得!植物栽培のふしぎ なぜ、そうなるの?そうするの?

臨界ノズル
測定原理から新しい問題まで

臨界ノズル 測定原理から新しい問題まで

図解 機械設計手ほどき帖

図解 機械設計手ほどき帖

技術士第一次試験 
「情報工学部門」専門科目 問題と対策

技術士第一次試験 「情報工学部門」専門科目 問題と対策

技術士第一次試験 
「基礎・適性」科目キーワード700 第5版

技術士第一次試験 「基礎・適性」科目キーワード700 第5版

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン