[ 政治・経済 ]

経産省、製造業IoTで指針−データ漏えい対策支援、スマート工場テーマに検討

(2017/4/19 05:00)

経済産業省は、製造業のデータ漏えい対策などを支援するため、新たな指針の策定に乗り出す。企業が情報の安全性(サイバーセキュリティー)を確保しつつ、IoT(モノのインターネット)を工場へ導入できるようにする。16年7月に公表した「IoTセキュリティガイドライン」は産業界全体が対象のため、製造現場に特化した指針を追加することで、支援を拡充する。2017年度中の策定を目指す。

月内にロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)内に新たなグループを設け、指針策定に向け検討を始める。IoTやロボットなどを積極活用する「スマート工場」が当面のテーマ。機械同士や上位システムなどをつなげて運用するのに必要なサイバーセキュリティー対策を指針化する。例えば、制御プログラムや設計データの流出を防ぐための方策などを盛り込む方針だ。

経産省は総務省と連携し、さまざまな産業に適用できるIoTセキュリティガイドラインを公表したが、業種に特化した指針はまだないため、各分野の特性を踏まえたものを別個に設ける方向だ。

第1弾として製造業向けの指針を検討する。製造業では稼働10年以上の機械も多く、工場全体にサイバーセキュリティー対策を施すのは簡単ではないため。また、自力での対策が困難な中小企業が多いことも理由。このため、現場の実情を踏まえた上で、利用価値の高い指針の策定を目指す。

(2017/4/19 05:00)

関連リンク

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる