[ 政治・経済 ]

麻生副総理、米抜きTPP検討−来月閣僚会合で議論

(2017/4/21 05:00)

【ニューヨーク=時事】麻生太郎副総理兼財務相は19日、ニューヨークで講演し、米国が離脱した環太平洋連携協定(TPP)について、5月下旬の閣僚会合で米国以外の署名国による協定発効が議論されると言明し、日本も議論に加わる考えを示した。日本はこれまで米抜きTPPに慎重だったが、方針転換を示唆した形だ。

TPP閣僚会合は、ベトナム・ハノイで5月20、21両日に開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)貿易相会合に合わせて開催予定。麻生氏は「どういう形でまとまるか分からないが、米国なしで11カ国だけでやろうという話が出る」と説明した。日本はこれまで、安倍晋三首相が「米国抜きのTPPは意味がない」と話すなど消極的だった。

麻生氏は一方で、米国が求めている自由貿易協定(FTA)など2国間協定には「(交渉参加国が)12カ国の場合、米国に譲歩した代わりに他の国から得られるものがある。2国間では(高い水準の市場開放を実現した)TPPのようにはいかない」と述べ、否定的な考えを示した。

18日に初会合が開かれた日米経済対話については、通商問題のほかエネルギーとサイバーセキュリティー分野で協力すると説明。米国で産出したシェールガスを液化天然ガス(LNG)に転換し、日本や東南アジアへの輸出を目指すとした。

(2017/4/21 05:00)

関連リンク

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン