[ 化学・金属・繊維 ]

日本製紙、石巻の量産設備を稼働 CNF、まず年100トン

(2017/4/26 05:00)

  • 完成披露式典でテープカットする馬城文雄社長(左から3人目)

【仙台】日本製紙は25日、石巻工場(宮城県石巻市)に木材繊維(パルプ)を微細化した天然繊維のセルロースナノファイバー(CNF)の量産設備を稼働したと発表した。投資額は16億円。初年度は年産50―100トンで稼働し、2019年に世界最大規模にあたる同500トンに引き上げる。化粧品、日用品、自動車部材、塗料への使用を見込む。

建物面積は4700平方メートル。既存の新聞古紙パルプの製造工場を転用した。CNFは軽量・高強度で、熱による変形が少ないなどの特徴を持つ。石巻工場では、ナノ分散化が容易なTEMPO酸化法で生産する。

同社は07―12年に新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトでCNFを開発。13年に岩国工場(山口県岩国市)に実証機を設置した。

17年内に富士工場(静岡県富士市)、江津事業所(島根県江津市)でも生産を始める。

(2017/4/26 05:00)

関連リンク

化学・金属・繊維のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
バイクメンテとチューニングの実用知識

きちんと知りたい! バイクメンテとチューニングの実用知識

3つのアポロ
月面着陸を実現させた人びと

3つのアポロ 月面着陸を実現させた人びと

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド 
よくわかるラダー言語の基本と勘所

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド よくわかるラダー言語の基本と勘所

Asprova解体新書
生産スケジューラ使いこなし再入門

Asprova解体新書 生産スケジューラ使いこなし再入門

一から学ぶ工業潤滑剤

一から学ぶ工業潤滑剤

わかる!使える!品質改善入門
<基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!品質改善入門 <基礎知識><段取り><実践活動>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる