[ 科学技術・大学 ]

燃料デブリ、レーザーで溶かし水ジェットで吹き飛ばす 原子力機構などが除去技術

(2017/4/28 05:00)

  • 加工後の試験体表面の状態。左向きの矢印は加工する際の移動方向、上向きの矢印は右から左へ加工を行った後、次の加工を行う際の移動方向

日本原子力研究開発機構と日立GEニュークリア・エナジー(茨城県日立市)、スギノマシンは27日、レーザー加工とウォータージェット加工を組み合わせた燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)除去技術を開発したと発表した。断続的にウォータージェットを当てることで、レーザーで加熱され溶けたデブリ片を効率的に取り除けるという。東京電力福島第一原子力発電所の廃炉への適応を目指す。

5・5キロワットのファイバーレーザーと3・2メガパスカル(メガは100万)のウォータージェットを組み合わせる。レーザーでデブリ表面を溶融させ、ウォータージェットでデブリを冷却しつつ吹き飛ばす。ウォータージェットを連続的に当てるよりも、断続的に当てると加工効率がアップする。

実験ではステンレス鋼に対し、深さ3・8ミリメートルで表面を削ることができた。現在は原理検証を終えた段階。今後セラミックスや金属、核燃料などが混ざりあった材料への適応を検証する。

(2017/4/28 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン