[ 化学・金属・繊維 ]

アサヒメッキ、アルマイトの新処理技術 環境負荷とコスト低減

(2017/5/19 05:00)

  • 右が新技術、中央が旧技術。ともに黒いケイ素分を除去できているが、右側は毒物を使わなくて可能

【鳥取】アサヒメッキ(鳥取市、木下貴啓社長、0857・53・4561)は、鳥取県産業技術センターと共同で、環境負荷とコストを低減できるアルミの陽極酸化処理(アルマイト処理)技術を開発した。工程短縮により約20%コストを削減でき、毒物のフッ化水素酸が不要になる。自社での受注拡大と他社への技術供与を合わせて普及を図る。

アルマイトでは、アルミ合金に含まれるケイ素成分が黒く表面に浮いて酸化皮膜の生成を妨げる。これを除去するために、通常は前処理工程でフッ化水素酸を使う。開発した技術では代わりに硫酸と硝酸を使用。マイクロバブルによる撹拌を組み合わせて、ケイ素成分を除去できるようにした。硫酸と硝酸は劇物だが毒物よりは人体や環境への影響が低く処理が容易だという。

併せて、バレル研磨など3種類の工程をなくし、全工程数を12から9に短縮できる。これにより約20%コストを削減できる。アルミ合金は特に鋳造材でケイ素成分を多く含み、アルマイト処理時は前処理が必要だった。

(2017/5/19 05:00)

関連リンク

素材・ヘルスケア・環境のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる