[ 科学技術・大学 ]

ヒト染色体、選択的に化学変化−東大、がん細胞で実証成功

(2017/6/9 05:00)

東京大学大学院薬学系研究科の金井求(もとむ)教授らは、染色体を選択的に化学変化できる「人工化学触媒システム」を開発した。ヒトのがん細胞の核たんぱく質で証明した。がん抑制遺伝子を化学修飾して発現を促すなどの利用を想定しており、医療への応用が期待される。

研究成果は9日の米科学誌ケム電子版に掲載される。

染色体はDNAとたんぱく質「ヒストン」の複合体で構成される。DNA上の遺伝子が読み取られるとき、ヒストンに「アセチル化」という化学的な修飾が起きる。

研究チームは、DNAに作用しやすい触媒とアセチル化を起こす物質を新たに作成。ヒトのがん細胞の核からたんぱく質を取り出してこのシステムで作用させると、ヒストンに反応してアセチル化が進んでいた。

金井教授は、「触媒が細胞膜を通り抜けるかどうかを検証する必要がある。細胞内で化学反応を進行させ、実用化へつなげたい」としている。

(2017/6/9 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える 日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″ 新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り -自分でつくる快適空間-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいナノセルロースの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいナノセルロースの本

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか
重大事件から学ぶ失敗の教訓

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか 重大事件から学ぶ失敗の教訓

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン