INDUSTRIAL TRENDS AD

[ ロボット ]

ミツバ、ロボ3000台導入 内製化、国内外30拠点に

(2017/6/19 05:00)

ミツバは2024年をめどに、国内外約30カ所の生産拠点へロボット3000台を導入する。導入するパラレルリンクロボットや無人搬送車(AGV)は内製し、導入費用を抑える。一部は他社製の多軸ロボットなども導入する。世界の自動車市場は中長期的に拡大傾向にある。同社はロボット導入で人員増を抑えつつ、主力の自動車部品の生産能力を高める。工場でのロボット活用は大手から中堅企業まで広がっているが、内製中心のロボット導入は珍しい。

ミツバはロボットを活用して、モーターの組み付けラインなど手作業を中心に部品加工など幅広い工程を自動化する。自社製のパラレルリンクロボットや他社製の6軸多関節ロボット、リニア機構、2軸などをラインに組み込む。投資額は30億円以上を見込む。

電動カート用モーターの組み立て工程など生産個数が少ない品目のラインで、試行的に導入。500台を稼働して、一定の効果が見込めたことから工程...

(残り:354文字/本文:754文字)

(2017/6/19 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

  • 有料会員
    1ID月額4,000円+税で、電子版のすべての機能をご利用いただけます。

  • 無料会員
    有料会員限定記事を月11本まで閲覧できるなど、一部機能をご利用いただけます。

    PR

    ロボットのニュース一覧

    おすすめコンテンツ

    必携「からくり設計」メカニズム定石集
-ゼロからはじめる簡易自動化-

    必携「からくり設計」メカニズム定石集 -ゼロからはじめる簡易自動化-

    技術大全シリーズ 
めっき大全

    技術大全シリーズ めっき大全

    バーチャル・エンジニアリング
―周回遅れする日本のものづくり―

    バーチャル・エンジニアリング ―周回遅れする日本のものづくり―

    「酸素が見える!」楽しい理科授業
酸素センサ活用教本

    「酸素が見える!」楽しい理科授業 酸素センサ活用教本

    いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか!
取り残される日本のものづくり

    いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか! 取り残される日本のものづくり

    今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい土壌の本

    今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい土壌の本

    カレンダーから探す

    閲覧ランキング
    • 今日
    • 今週

    ソーシャルメディア

    電子版からのお知らせ

    日刊工業新聞社トピックス

    セミナースケジュール

    イベントスケジュール

    もっと見る

    PR

    おすすめの本・雑誌・DVD

    ↓もっと見る

    ニュースイッチ

    専門誌・海外ニュースヘッドライン

    専門誌

    ↓もっと見る

    大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

    日刊工業新聞社関連サイト・サービス

    マイクリップ機能は会員限定サービスです。

    有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

    会員登録/ログイン