[ 医療・健康・食品 ]

富士フイルム、バイオ薬の開発・製造受託に300億円 22年めど

(2017/6/21 05:00)

【サンディエゴ(米カリフォルニア州)=斎藤弘和】富士フイルムはバイオ医薬品の開発・製造受託事業を強化する。2022年ごろまでに同事業関連で200億―300億円の設備投資を行う方針を明らかにした。19年には約30億円を投じ、米テキサス州の子会社に動物細胞培養タンク3基を増設。同社はバイオ薬の開発・製造受託の世界市場を16年度は4000億円規模と推定。23年度ごろまでは年率約8%成長するとし、攻勢をかける。

富士フイルムは医薬品の開発・製造受託事業の売上高を、23年度に16年度比約3・3倍の1000億円とする目標を掲げている。この主力にバイオ薬を位置付ける。

バイオ薬を手がける米フジフイルム・ダイオシンス・バイオテクノロジーズテキサス(FDBT、テキサス州)へ容量2000リットルの動物細胞培養タンク3基を増設する。FDBTでは17年3月に新生産棟を完成し、3基の動物細胞培養タンクを18...

(残り:394文字/本文:794文字)

(2017/6/21 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる