[ 医療・健康・食品 ]

富士フイルム、バイオ薬の開発・製造受託に300億円 22年めど

(2017/6/21 05:00)

【サンディエゴ(米カリフォルニア州)=斎藤弘和】富士フイルムはバイオ医薬品の開発・製造受託事業を強化する。2022年ごろまでに同事業関連で200億―300億円の設備投資を行う方針を明らかにした。19年には約30億円を投じ、米テキサス州の子会社に動物細胞培養タンク3基を増設。同社はバイオ薬の開発・製造受託の世界市場を16年度は4000億円規模と推定。23年度ごろまでは年率約8%成長するとし、攻勢をかける。

富士フイルムは医薬品の開発・製造受託事業の売上高を、23年度に16年度比約3・3倍の1000億円とする目標を掲げている。この主力にバイオ薬を位置付ける。

バイオ薬を手がける米フジフイルム・ダイオシンス・バイオテクノロジーズテキサス(FDBT、テキサス州)へ容量2000リットルの動物細胞培養タンク3基を増設する。FDBTでは17年3月に新生産棟を完成し、3基の動物細胞培養タンクを18...

(残り:394文字/本文:794文字)

(2017/6/21 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録することでご覧いただけます。

Journagram→ Journagramとは

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる