[ 科学技術・大学 ]

血小板の塊を高精度判別−東大、特殊顕微鏡で高速撮影

(2017/6/27 05:00)

  • 血小板凝集塊検出方法の流れとOTS顕微鏡の模式図(東大の発表資料)

東京大学大学院理学系研究科の合田圭介教授らは、特殊な顕微鏡で超高速度撮影したヒトの血液から、脳や心臓の血管を詰まらせる血栓を機械学習で検出する技術を開発した。血液中の成分「血小板」の塊を高精度に判別する。人工知能(AI)を使った脳梗塞や心筋梗塞などの「血栓性疾患」の予防診断の技術開発を後押しする。

血栓性疾患は日本でも死亡患者が多く、早期診断や治療が求められている。

研究チームは、健常なヒトの血液を処理して、血栓のもととなる血小板凝集塊を含む検体を作成。検体を微細構造を持つデバイス「マイクロ流体チップ」へ高速で流し込み、開発した特殊顕微鏡で毎秒1万細胞という超高速度で撮影した。これを機械学習で分類すると、正常な血小板と白血球から、血小板の凝集塊を96・6%と高い精度で判別した。

内閣府の研究支援事業「革新的研究開発推進プログラム」(ImPACT)の一環で行った。成果は、英科学誌ラボ・オン・ア・チップに掲載された。

(2017/6/27 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン