[ エレクトロニクス ]

コイト電工、信号灯器を小型軽量化 警察庁の仕様変更受け

(2017/6/28 05:00)

【横浜】KIホールディングス(HD)傘下のコイト電工(静岡県長泉町、山口常雄社長、055・988・7101)は、従来より厚さを約5分の1、重さを2分の1にした「フラット型車両用交通信号灯器=写真下」を発売した。薄型で軽量のため、風や雪の影響を受けにくく、施工時の作業負担も軽減できる。価格は公表していない。初年度に1万灯以上の設置を目指す。

警察庁が信号灯器の仕様を2017年2月に変更したことを受けて、小型化した。従来はレンズ直径が30センチメートルだったが、25センチメートルに変更。明るさは従来と同等。これにより、生産コストも約10%減少した。同信号灯器の大きさは、高さ360ミリ×幅1050ミリ×奥行き60ミリメートル。アルミニウム合金製で、重量は9・9キログラム。

同信号灯器は22日に、大阪市鶴見区の交差点に小型化信号灯器として第1号が設置された。引き続き全国への訴求を目指す。

(2017/6/28 05:00)

建設・エネルギー・生活2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる