[ 中小・ベンチャー ]

「踊る鎧かぶと」ロボ 人形工芸士と東大阪の企業がコラボ(動画あり)

(2017/6/29 05:00)

(踊る鎧かぶとロボット)
  • 節句人形工芸士の小出さんとロボット

いかめしい鎧(よろい)を着たロボットがコミカルに踊る―。大阪府東大阪市の節句人形工芸士とモノづくり企業が協業し「鎧かぶとロボット」を開発した。少子化と節句離れが進む人形業界。「伝統工芸に甘えていては成長はのぞめない」と小出松寿工芸士は、2016年にロボット事業を立ち上げた竹中製作所と手を組み、節句の枠にとどまらない市場を目指す。

ロボット本体は中国ロボットベンチャーのUBテック製。代理店の竹中製作所が、勝ちどきを上げたり行進したりとさまざまな動きをプログラムした。

本来はアクロバティックなダンスを得意とするロボット。「“かぶりもの”があるので動きは抑え気味」(竹中製作所)とするが軽快にダンスもこなす。

人形とは異なり「ロボットがずんどうで腰などに鎧がくくりつけられず苦労した」と小出工芸士は笑う。外観からはわからないが、ワンピースの鎧を肩から吊(つ)る方式にして問題を解消し、ロボットの動きを阻害しない工夫も盛り込んだという。ワンピースにした理由はもう一つ。「脱ぎ着しやすいから」。ロボットと分離して節句期間に鎧のみ飾ることも可能だ。鎧は手作業の編み工程が多いため量産体制が課題だが、7月から受注を開始し当初50体を用意する。(東大阪)

(2017/6/29 05:00)

中小・ベンチャーのニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方
機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方 機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す
-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

よくわかる機械の制振設計
防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

よくわかる機械の制振設計 防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン