[ 科学技術・大学 ]

線虫の寿命、3割超延ばす食品素材「PQQ」−名大が仕組み解明

(2017/7/6 05:00)

  • PQQを介した細胞膜由来活性酸素による寿命延長メカニズム(名古屋大学 発表資料)

【名古屋】名古屋大学理学研究科付属ニューロサイエンス研究センターの森郁恵教授らは、補酵素で食品素材の「ピロロキノリンキノン」(PQQ)による寿命延長の仕組みを解明した。PQQによって低レベルの活性酸素が発生、生体防御が強まり、線虫の成虫の寿命が最大30%以上延びた。人間の長寿命化にもつながる可能性があるという。

三菱ガス化学、久留米大学、愛知医科大学との共同研究。成果は英科学誌ジャーナル・オブ・セル・サイエンスに掲載された。

線虫の多数の突然変異体を用いた遺伝学実験や細胞生物学実験を行った結果、PQQは細胞膜にある酵素の一種を活性化し、活性酸素を発生する。この酵素と協調して働く別の酵素が活性酸素を分解して低レベルにすることが分かった。

低レベルの活性酸素が細胞内の生体防御応答に必要な遺伝子群を機能させて生体防御を強化、寿命を延長させていた。

(2017/7/6 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる