[ 科学技術・大学 ]

燃料電池触媒の働き、電通大がリアルタイム解析 スプリング8使用

(2017/7/6 05:00)

電気通信大学燃料電池イノベーション研究センターの岩澤康裕センター長らは5日、大型放射光施設「スプリング8」を使い、燃料電池触媒の働きをリアルタイムで評価・解析できるシステムを開発したと発表した。燃料電池内の電極触媒の反応や劣化メカニズムの高精度な観測が進展すると期待され、燃料電池自動車(FCV)用の燃料電池の高出力化や耐久性の向上につながる可能性がある。

開発したシステムは、スプリング8の大強度ビームを用い、燃料電池電極膜の構成要素(触媒層や電解質膜層)などの同一試料の同一カ所に対して、X線回折やXAFS(X線吸収微細構造)実験といった複数の手法で同時に計測できるのが特徴。一つの解析手法では、高い活性や耐久性を持つ電極触媒の開発設計指針を明らかにするのは難しかった。

また燃料電池内の電極触媒層は、試料ごとに違いがある。従来は異なる時期に別々の手法で別々に計測しており、結果の違いの原因解明が難しかった。

高輝度光科学研究センターとの共同研究。岩澤センター長は「どんな材料を使って触媒開発をすべきかなどのガイドライン策定につながる」としている。

(2017/7/6 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる