[ ロボット ]

iPS細胞の完全自動培養、RBIと理研がロボ・AI開発に着手

(2017/7/12 05:00)

産業技術総合研究所技術移転ベンチャーのロボティック・バイオロジー・インスティテュート(RBI、高木英二社長、東京都江東区、03・6380・7100)と理化学研究所は、iPS細胞を培養するために実験手順の最適化技術を開発する。培養手技に含まれるノウハウや暗黙知を数値化して双腕ロボットで再現。均質なiPS細胞を安定して培養する。

RBIがロボットの実験計画、理研が細胞培養や細胞の画像データ整備を担当して、人工知能(AI)技術を活用した細胞診断基準を開発する。

培養手技をロボット化すれば、iPS細胞が目的の細胞に分化するばらつきを減らせる。培養手段のロボット化と細胞診断AIを組み合わせることで、完全自動培養が可能になる。

(2017/7/12 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!品質改善入門
<基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!品質改善入門 <基礎知識><段取り><実践活動>

熱設計を考慮したEMC設計の基礎知識

熱設計を考慮したEMC設計の基礎知識

未来の科学者との対話17
第17回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話17 第17回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

中小工場のためのIoT構築入門
低コストで簡単にシステムをつくる

中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

わかる!使える!工業塗装入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!工業塗装入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン