[ 金融・商況 ]

仮想通貨、時価11兆円超−価格高騰、半年で3倍に

(2017/7/13 05:00)

  • (ブルームバーグ)

ビットコインをはじめとするインターネット上の仮想通貨は約1000種類あるとされ、全世界で時価総額は11兆円を上回る規模に拡大している。投資目的の利用が大半だが、国内では法整備が進み決済に使える店舗も出始めた。一方、価格変動が激しいなどの特徴もあり、安易な投資に警鐘を鳴らす識者もいる。

国内では、約20の仮想通貨の取引所が運営されているとみられる。改正資金決済法が4月に施行され、取引所は登録制になった。監査法人のチェックが義務付けられ、金融庁の立ち入り検査や行政処分の対象に加えられた。

2016年開設の取引所「ビットポイント」(東京)はセキュリティーの高さを売りに、利用者が急増した。投資目的が9割といい、アジアの顧客を囲い込むため、香港や上海でも取引所を立ち上げる予定という。

決済で使える場面も増えている。家電量販大手のビックカメラでは4月以降、東京都内の3店舗でビットコインの利用が可能に。格安航空会社ピーチ・アビエーションも決済サービスを導入する。

一方で、仮想通貨は値動きが激しく、6月上旬には1ビットコインが33万円超まで急騰し、年初の3倍に達した。

仮想通貨に詳しい早稲田大大学院の岩村充教授によると、価格を安定させる仕組みがなく、相場が乱高下しやすいという。

海外の取引所がサイバー攻撃を受けコインが消失する事案も後を絶たない。岩村教授は「仮想通貨と一口に言っても仕組みやリスクはそれぞれ全く異なる。よく理解した上で利用すべきだ」と語る。

(2017/7/13 05:00)

金融・商況のニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方
機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方 機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す
-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

よくわかる機械の制振設計
防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

よくわかる機械の制振設計 防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン