[ 新製品 ]

双明通信機、フルデジタル制御が可能な電磁バレル研磨装置−速度設定など操作性向上

(2017/7/25 05:00)

  • 金属や樹脂製品のバリ取り・微細研磨を行う電磁バレル研磨装置

【立川】双明通信機製作所(東京都瑞穂町、荒井眞澄社長、042・557・8470)は、ベクトルインバーターを使ったフルデジタル制御が可能な電磁バレル研磨装置「EBP―17A」を発売した。

回転方向や速度、運転時間などの設定が容易で従来製品に比べ操作性が高い。消費税抜きの価格は280万円。板金加工や切削加工、3Dプリンターなどの加工業向けに拡販し、2020年3月末までに年間100台の販売を目指す。

同装置は、強力な回転磁界を利用し、微細なステンレスピンをワーク(加工対象物)に衝突させ効率よく表面加工する。研磨加工や微細なバリ取りをし、一度に複数のワークを磨く。アルミニウムやステンレス、真ちゅう、銅、スズなど磁性を帯びていない金属や樹脂製品に対応する。

平面的なワークを磨くのが得意な磁気バレル研磨装置に比べ高さのあるワークに対応する。

ワークを入れるアクリルポッドの対応サイズは、直径176ミリ×高さ372ミリメートル。

双明通信機製作所は1954年創業。筐体(きょうたい)設計や精密板金加工などを手がけ、2017年3月期の売上高は約3億1000万円。

(2017/7/25 05:00)

機械・ロボット・航空機2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる