[ ロボット ]

メイドーが工場自動化、慶大の宇宙向けAIロボ導入

(2017/8/8 05:00)

  • ロボット導入で連携するメイドーの長谷川靖高専務(右)と慶大の石上准教授

【名古屋】メイドー(愛知県豊田市、長谷川裕恭社長、0565・31・0330)は、火星探査ロボットなどを研究する慶応義塾大理工学部の石上玄也准教授と連携し、工場での集荷作業などに人工知能(AI)を搭載した自律移動ロボットを導入する。当初は工場の倉庫で技術を活用する。AIロボの導入で、工場の省人化や生産コストの低減につなげる。

自動車用ボルトなどをつくる三好工場(愛知県みよし市)に数十台のロボットを導入する。まずは倉庫内での集荷作業から導入を開始し、2020年前後には倉庫の完全無人化を目指す。同工場の倉庫は製品ごとに特定の置き場を持たない「フリーアドレス」の仕組みを採っており、出荷先などに応じてAIが的確なルートを判断することなどを狙う。

今春から制御ソフトウエアの開発に着手しており、18年3月をめどに仕様を策定。実際のロボットは20年前後までに導入する。将来的には、倉庫内の作業だけでなく製品の品質管理などにもAIロボットの展開を目指す。

石上准教授は月や火星などの極限環境を探査する自律移動型ロボットを開発中で、39年までに惑星での実験開始を目指している。メイドーはこれらの自律移動ロボットを活用し、工場の省人化につなげる一方、ロボットの“実験場”として工場を活用してもらうことで探査ロボットの研究を支援する狙いだ。

メイドーは自動車用の各種ボルトが主力で、売上高の約8割がトヨタ自動車グループ向け。17年3月期の連結売上高は約650億円。

(2017/8/8 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン