[ ロボット ]

ウォルマートVSアマゾン、買い物客争奪で空中戦-空飛ぶ倉庫の特許それぞれ出願

(2017/8/25 05:00)

(ブルームバーグ)米国で買い物客の争奪戦を繰り広げているウォルマート・ストアーズとアマゾン・ドット・コム。今度は両社の空中戦が始まる。

ウォルマートは飛行船を使った配送システムの特許を米国で申請した。空飛ぶ倉庫からドローンが顧客の自宅まで荷物を運ぶ仕組みだ。飛行船は地上500-1000フィート(約152-305メートル)を、自動運転もしくは遠隔操作で飛ぶという。アマゾンは似たようなシステムで2016年4月に特許を取得している。

アマゾンとウォルマートは互いの得意分野を侵食し始めている。アマゾンは実店舗を展開し、自然食品スーパーマーケットチェーンを運営するホールフーズ・マーケットを137億ドル(約1兆5000億円)で買収することで合意。対するウォルマートは買収を通じて電子商取引を強化している。

サンフォード・C・バーンスタインのアナリスト、ブランドン・ フレッチャー氏は「大都市での交通渋滞や農村部の移動距離という大きな課題は、空飛ぶ倉庫が解決の助けになる可能性がある。可動式倉庫というのは本当に素晴らしいアイデアで、流通においてこうした柔軟性があれば、需要が大きく変化した場合でも効率良く対応できるだろう」と述べた。

ウォルマートはここ数年、特許申請を積極的に行っており、その多くがウェブ開発と買い物の移動負担を軽減する技術に関するもの。店内の倉庫から売り場に商品を運ぶ店内ドローンの特許も申請している。

(2017/8/25 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

マテリアルズ・インフォマティクス
材料開発のための機械学習超入門

マテリアルズ・インフォマティクス 材料開発のための機械学習超入門

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい組込みシステムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい組込みシステムの本

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド 
よくわかるラダー言語の基本と勘所

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド よくわかるラダー言語の基本と勘所

3つのアポロ
月面着陸を実現させた人びと

3つのアポロ 月面着陸を実現させた人びと

きちんと知りたい! 
バイクメンテとチューニングの実用知識

きちんと知りたい! バイクメンテとチューニングの実用知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる