[ 建設・住宅・生活 ]

信号電材、警察庁新仕様に対応した信号灯器−小型で見やすく(動画あり)

(2017/9/6 05:00)

(視認範囲を制限したインナーフード付き製品) 信号電材提供

【福岡】信号電材(福岡県大牟田市、糸永康平社長、0944・56・8282)は、警察庁の新たな仕様に対応した信号灯器(写真)を開発した。レンズを覆うフードをなくし、表面を曲面にするなどして着雪や暴風などへの耐久性を高めた。施工時の作業負担も考慮して軽量化した。初年度1万台強の採用を目指す。

開発した信号灯器は2017年2月の警察庁による信号灯器の仕様変更を受け、レンズの大きさを直径300ミリメートルから250ミリメートルに小型化した。本体を前に15度傾けて太陽光による直接反射を軽減し、視認性を確保する。豪雪地帯などでは角度20度にでき、着雪を防ぐ。

筐(きょう)体にはアルミニウムを使用するなどして同社の従来製品と比べ約40%軽い約11キログラムに抑えた。大きさは高さ350ミリ、幅1050ミリ、奥行き88ミリメートル。

視認範囲を制限したインナーフード付きの製品もラインアップ。視認できる範囲を30度に狭め、Y字交差点など複数の信号灯器がある場所などでの誤認を防ぐ。

(2017/9/6 05:00)

建設・住宅・生活のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!5S入門
<基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!5S入門 <基礎知識><段取り><実践活動>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地質の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地質の本

おもしろサイエンス 
コンタクトレンズと眼鏡の科学

おもしろサイエンス コンタクトレンズと眼鏡の科学

変わる!農業金融
―儲かる“企業化する農業”の仕組みー

変わる!農業金融 ―儲かる“企業化する農業”の仕組みー

70事例から学ぶ自動車の振動・騒音対策法

70事例から学ぶ自動車の振動・騒音対策法

きちんと知りたい! 
飛行機メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 飛行機メカニズムの基礎知識

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン