[ 科学技術・大学 ]

アルツハイマー治療薬の治験失敗、阪大が原因特定 薬剤が逆効果

(2017/10/4 05:00)

大阪大学大学院医学系研究科の大河内正康講師らは、アルツハイマー病などの治療薬候補とされていた既存の「γセクレターゼ阻害薬」の治験で効果が得られなかった原因を突き止めた。薬剤は、神経細胞内で期待の効果を発揮しないどころか、逆に疾患原因とみられるたんぱく質の凝集体「アミロイドβ」(Aβ)を集積することを明らかにした。一方で、標的である酵素の「γセクレターゼ」には、Aβを細胞外に放出する機能のあることも分かった。

アルツハイマー病の患者の脳は、大量のAβが蓄積することで知られる。これまでは、Aβを生み出す酵素であるγセクレターゼを標的に、働きを阻害する薬剤の開発が研究されていた。いくつかの臨床治験で使用されてきたものの、期待外れの効果で終わっている。しかし、くわしい原因は分かっていなかった。

研究グループは、γセクレターゼがAβを作る際にできる微小なペプチドの「γ―バイプロダクト」を測定するシステムを開発。従来は難しかった生きた細胞内のAβの産生状況を明らかにした。

ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)由来の神経細胞やマウスに、「セマガセスタット」などγセクレターゼの阻害薬を投与。γ―バイプロダクトの増加を確認した。くわしく調べると薬剤投与の結果、細胞外に分泌されるAβは減少したが細胞内に集積することが分かった。

逆にγセクレターゼには、たんぱく質分解作用に加え、分解の産物のAβなどを細胞外に排出する重要な触媒作用があることを示した。

このため、投与した薬剤はγセクレターゼの「疑似阻害薬」であり、Aβの産生ではなく細胞外への放出を阻害しており、これが多くの臨床試験が失敗した理由と結論づけた。

成果は米科学誌セル・リポーツに4日掲載される。

(2017/10/4 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!マシニングセンタ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!マシニングセンタ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

会社の“終活”読本
―社長のリタイア<売却・廃業>ガイド―

会社の“終活”読本 ―社長のリタイア<売却・廃業>ガイド―

わかる!使える!溶接入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!溶接入門 <基礎知識><段取り><実作業>

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える 日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″ 新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り -自分でつくる快適空間-

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン