[ 自動車・輸送機 ]

スバル、EV新会社に技術者派遣 トヨタなどに合流検討

(2017/10/5 05:00)

SUBARU(スバル)はトヨタ自動車とマツダ、デンソーが設立した電気自動車(EV)の基幹技術を開発する新会社に技術者を派遣し、合流する検討を始めた。技術開発戦略を把握した上で正式に参加するかどうかを判断する。EV開発新会社についてはスズキも参加を検討している。スバルなどが正式に参加すれば、トヨタを軸とした日本勢による大規模なEV連合に発展する可能性がある。

新会社「EV C・A・スピリット」はトヨタ、マツダ、デンソーの技術者約40人で発足。軽自動車から小型トラックまで幅広い車種群を対象に、EVの基盤技術を共同開発する。

スバルは新会社にEV開発に携わる技術者など数人を1日付で派遣した。技術開発の具体的な中身や方向性について情報共有し、EV開発でどのような連携が可能か検討する。

スバルは2021年をめどにEVを投入する計画を掲げており、これまで独自に開発を進めていた。16年に全面刷新した車の骨格はEVへの採用も想定して開発している。

スバルとトヨタはスポーツ車の開発や環境技術分野で提携している。18年にはトヨタの技術を参考にして開発したスバル初のプラグインハイブリッド(PHV)を米国に投入する。

(2017/10/5 05:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方
機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方 機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す
-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

よくわかる機械の制振設計
防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

よくわかる機械の制振設計 防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン