[ 化学・金属・繊維 ]

神鋼、アルミ・銅製品の検査データ改ざん−MRJ側「影響なし」

(2017/10/9 05:00)

  • データ改ざん問題について陳謝・説明する梅原副社長(右)

神戸製鋼所は8日、アルミニウム・銅製品で検査データの改ざんがあったと発表した。過去1年間の出荷製品に対する調査で、アルミ・銅製品の一部で改ざんが見つかった。納品先は三菱航空機製のジェット機「MRJ」や自動車など200社。神鋼の梅原尚人副社長は同日都内で会見し、「管理職が関与または黙認するケースもあった」と組織ぐるみの行為を認めて陳謝した。

真岡などグループ含め4工場から出荷された2016年9月から1年分の製品に関して、アルミの板や押出品、鋳鍛造品、銅の板条や管の出荷量全体の4%で強度や粘り強さに関するデータの改ざんが見つかった。出荷数量はアルミ製品約1万9300トン、銅製品約2200トンに加え、アルミ鋳鍛造品約1万9400個に上る。製品仕様に適合しているかのようにデータを書き換えていた。経営陣の関与は否定した。

同社の川崎博也会長兼社長を委員長とする品質問題調査委員会が詳しい調査を進めている。これまでのところ「安全性に疑いを生じさせる具体的問題は確認されていない」(梅原副社長)という。

三菱航空機(愛知県豊山町)は同日、飛行中の試験機に不適合製品が使われていることを明らかにした。神戸製鋼所から品質データ改ざんの報告を受けており、「現時点で不適合製品が安全性を阻害するものではない」(広報部)とした。また「今のところMRJの納期に影響はない」との見方を示した。

(2017/10/9 05:00)

化学・金属・繊維のニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方
機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方 機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す
-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

よくわかる機械の制振設計
防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

よくわかる機械の制振設計 防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン