[ 科学技術・大学 ]

【電子版】小惑星2012 TC4、地球から4万キロまで接近 きょう午後に通過(動画あり)

(2017/10/12 19:00)

東大・木曽観測所が撮影成功

 5年前に発見された直径15~30メートルの小惑星が12日午後2時40分ごろ、地球の南極から約4万2000キロまで最接近し、無事通過した。日米欧などの天文台が地球に衝突する恐れのある小惑星を監視するテストケースとして集中的に観測した。東京大の木曽観測所(長野県木曽町)は11日夜に撮影した画像をホームページで公開した。

  • 東大・木曽観測所が11日夜に口径105センチで撮影した小惑星「2012 TC4」(写真左上から右下へ移動する白い点。動画を32秒ごとに切り出して重ねた)(東大・木曽観測所提供)

 小惑星「2012 TC4」は2012年10月に米ハワイ大のパンスターズ望遠鏡で発見され、太陽の周りを約1年8カ月かけて回っている。最接近時の距離は気象衛星「ひまわり」などの静止衛星より遠いが、大きさは13年2月にロシア・チェリャビンスク州上空で爆発した隕石(いんせき)と同程度だった。

 木曽観測所は視野が広い口径105センチの望遠鏡を使い、11日午後8時40分ごろから約25分間、みずがめ座の方向で小惑星を撮影した。

 望遠鏡は高性能カメラを取り付け始めたばかりで、約1年後に完成する予定。東大の大沢亮特任助教は「地球の近くにある小惑星のうち、見つかっているのは一握り。完成すれば木曽観測所で発見できるようになる」と話している。(時事)

(2017/10/12 19:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える 日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″ 新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り -自分でつくる快適空間-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいナノセルロースの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいナノセルロースの本

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか
重大事件から学ぶ失敗の教訓

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか 重大事件から学ぶ失敗の教訓

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン