[ 医療・健康・食品 ]

サッポロHD、新卒採用にAI判定導入 19年書類選考から

(2017/10/19 05:00)

サッポロホールディングス(HD)は2019年入社の新卒採用における書類選考に、人工知能(AI)判定を導入する。選考作業の効率化と精度のアップが狙い。同社の18年入社内定者は合計63人、これに対しプレエントリー者は約1万6000人、エントリー者は同6000人にのぼり、書類チェックに膨大な手間がかかっていた。産業界では問い合わせへの応対や書類の照合作業の効率化にAIを活用する事例が増えている。

AIを活用するのは、履歴書などを提出したエントリー者から面接などに進む人を選考する作業。AIには過去の内定者に共通する書類記入事項、人事担当者による書類や面接での選考点などを記憶させてから、履歴書などをチェックして合否判定を出す。

サッポロHDによると18年入社内定者の場合、エントリー者6000人のうち、面接などに進んだのは3分の1以下の1800人。書類選考後はグループディスカッションや1次面接、最終面接など人間がチェックして判断する。

AI導入で、書類選考にかかっていた約600時間を4割削減できるという。浮いた時間は合格者の面接などに活用することで「じっくり適性や才能などを調べられ、採用判断精度を高められる」(福原真弓取締役人事部長)としている。

試験的に導入した18年採用活動では、AI判定の合格者と人間判定の合格者がほぼ一致した。「思ったより良い結果。AIには学習機能があるので、特異な才能を持つ人材なども将来は見分けられるようになる」(同)と期待する。

サッポロHDはワイン用ブドウの栽培に17年からAIを導入している。さらに社内での問い合わせ業務にも導入する。実証実験では作業時間を削減した実績がある。

(2017/10/19 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン